スッキリとした小顔へ・・・理想的なフェイスライン

遺伝や体質だとあきらめないで!
小顔矯正で血行がよくなりむくみも取れて スッキリとしたフェイスラインに♪

瞬間小顔矯正~芝崎プロポーションクリニック~



不快な症状が何かと伴いやすいのが目の周りやまぶたのたるみが、顔に出るたるみの中でもいちばんといえるのではないでしょうか。
正面に鏡があることをイメージして、目を開きます。
目をギュッと閉じて力を抜きます。
簡単に自分の顔に、たるみが出始めているのかわかる方法があるので、今すぐにでも試すことができます。
動作を行ってみて眉毛の位置が明らかに上へ移動した場合は、移動分だけまぶたがたるんでいることが考えられます。
顔のたるみの中でも実は目のたるみは、普段の日常生活とも深い関係があることが知られるようになってきました。
まぶたのたるみが進むと、目を開けた時にその分だけまぶたを持ち上げる必要があるため、まゆ毛の位置が上がるのです。
通常、顔のたるみが少ない時には、眉毛はほとんど動きません。
目をこすることが、夜更かしをする、泣く、花粉症といった時にはよくあるでしょう。
これによりまぶたの筋肉を伸ばすことにつながり、たるみの要因となってしまいます。
あまり若いうちから目をこすってばかりいると、目元を中心にたるみやすくなることがあるそうなので気をつけましょう。
顔の筋肉が緊張することでも起こりやすくなるのが、顔のたるみです。
バランスよく、普段の生活から顔にある表情筋を使うことも大切な顔のたるみを防ぐポイントなのです。